MENU

めなりで白内障が治るって本当?

めなりで白内障が治ると思いますか?
答えは、根本的な治療になることはありません。ただし、めなりで改善に向かうことは大いにあり得ます。

 

そもそもサプリメントですので、疾病を治癒するものではありません。

 

医薬品と違い、治すものではなく補助食品ですので、足りない部分を補うものとして使われます。

 

 

ではなぜ、めなりで白内障が治ると言われているのでしょうか?

 

その理由として、めなりが目に機能する成分をふんだんに含んでいるという理由が挙げられます。

 

 

めなりが高品質な成分を含んでいるからこそ、このように言われるようになったと推測できます。白内障に機能してくれる成分をめなりで補えることは事実です。
そして、これから詳しく解説していきますが、めなりに含まれているルテインという成分こそ、白内障に機能してくれる重要な成分の1つなのです。

 

 

白内障とはどんな病気なの?

白内障は、おじいちゃんやおばあちゃんがなるものと思っていませんか。

 

白内障の大半は加齢によるものが占めますが、中には病気による合併症や外傷によって白内障になったり、先天的に白内障になる場合もあるんですよ。

 

 

 

白内障になると水晶体という部分が白く濁ってしまい、視界が霧がかって見えたり、ぼやけや光が急激にまぶしく感じたりします。

 

老化によるものは早い人で40歳くらいから発症し、80歳にはほとんどの方が発症してしまいます。

 

 

白内障になってしまうと薬は予防程度にしかならず、治療方法は手術のみとなってしまいます。

 

 

早期に発見することができれば予防が可能ですが、現状では症状が進行してしまってからしか気づくことができないという場合が非常に多いのです。

 

 

その理由として人間の目は見えにくいものを見やすく調整するようにできています。それにより白内障の症状が軽い時には、見やすく調整する機能が白内障の初期症状をカバーしていまい、なかなか自覚することができず、発見するのが遅れてしまうということになりがちです。

 

 

 

白内障の原因とは?

白内障は水晶体の中にあるタンパク質が、様々な要因によってストレスを受けてしまうと、大きな塊へと変化して水晶体が濁ってしまいます。

 

水晶体の中で大きな塊が邪魔をして、本来入るべき光が奥まで届きづらくなってしまい、目がぼやけたり霧がかったりしてみえます。

 

また、光が大きな塊に反射することで光が異状にまぶしく見えたりするということです。

 

 

 

水晶体が濁ってしまう原因は主に酸化ストレスです。

 

 

酸化とは簡単に言えば老化現象のことで、年をとるとともに活性酸素という物質が増え、水晶体の中にある健康なタンパク質を酸化させ働きを悪くしてしまいます。

 

また、紫外線や外傷、熱なども酸化ストレスの要因となります。

 

 

 

白内障にならないようにするには、この酸化ストレスをいかに減らすかということが大切になります。

 

 

 

めなりで白内障が治るって本当?

冒頭にも少し説明しましたが、、めなりで白内障が治るわけではありません。

 

白内障が一度発症してしまうと手術でしか治すことはできません。

 

ですので病院から処方される薬やサプリメントは、進行を抑えるもしくは遅らせる程度で予防という意味でいいと言われているのです。

 

 

たくさんのアイケアサプリメントが発売されている中、なぜめなりが白内障に一番いいとオススメできるのでしょうか。

 

それは目にいいとされる成分の量や体へ吸収される率がずば抜けて高いからです。

 

少しですがめなりのすごい所をまとめてみました。

 

 

めなりのここが凄い!

目のかすみ、ぼやけ、重い、痛いなど目の不快な症状にはもちろん白内障や緑内障などの眼病にもいいとされているルテインという成分。

 

ルテインにはとても強い抗酸化作用があり、活性酸素を減らす役割をしてくれます。

 

 

ですが、体内でルテインを作ることはできずどんどん減っていってしまうので、食事やサプリメントから体に入れてあげる必要があります。

 

 

ルテインは主にほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれている成分で、1日に6〜10mg摂取したいと言われています。

 

食事で1日分を摂取しようと思うと、ものすごい量を食べなくてはいけません。

 

 

他のアイケアサプリメントは8〜10mg程ですが、めなりは12mgと少し量が多くなっています。

 

 

 

これだけではそんなに魅力を感じませんが、めなりの凄い所はなんと吸収率にめちゃくちゃこだわっているという点です。

 

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が眼精疲労にいいと言われています。

 

めなりはブルーベリーの中でも北欧産のビルベリーという品種のエキスを170mgも使用しています。

 

 

北欧産のビルベリーは一般的なビルベリーに比べ吸収率が203%、また特許を取得した製法によって持続力が2.5倍と効果性も長く続きます。

 

さらにゼアキサンチンというビルベリーに含まれる成分をルテインと一緒に摂取するとルテインの吸収率をさらに179%上げ、より効果性が上がります。

 

 

極めつけは今とても注目されているクロセチンという成分

クロセチンはクチナシの実1kgに対して1.3gしか含まれておらずとても希少な成分で、その分子はとても小さいため体内に素早く吸収され、さらに他の成分の力を最大限に引き出すという素晴らしい働きをします。

 

この成分も配合されていますので、ルテイン、アントシアニンなどの効果性をさらに高めてくれるといえます。

 

その他にもビタミンCやβカロテンなど9種類のビタミン・補酵素もしっかり配合されています。

 

 

めなりがとても優れたサプリメントだという事が理解してもらえましたでしょうか?

 

めなりを最安値で購入するには?

 

本当に質にこだわったサプリメントですので、やはり他のサプリメントより少しお値段が高いです。

 

 

めなりは店舗販売は行っていませんので、購入したい場合はネットで注文します。

 

 

Amazon、Yahooショッピング、楽天などでも販売していますが、一番安く買えるサイトはどこでしょうか。

 

 

検証した結果、1番はめなりを作っている公式サイト「さくらの森」です。

 

 

なんと初回特別定期コースというコースで注文すると、初回限定で1袋3980円がなんと907円で購入出来ます。

 

2回目以降も毎月25%offの2980円で決まった日に届けてくれます。

 

サプリメントは続けることが大切なので、手間もお金もお得です。

 

 

 

定期コースとはいっても、合わなかったり、やめたいなと思ったら電話かメールですぐに解約できてしまいます。

 

さらに15日の返金保証までついていますので、安心して始めてみてくださいね。

 

 

まとめ

白内障は思っている以上に誰にでも起こる眼病です。

 

なってしまったら手術でしか治せません。少しでも目に違和感を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

 

 

加齢による白内障を予防するためには、ルテインの摂取が必須です。

 

緑黄色野菜などルテインを摂取できる食生活に改善し、さらにめなりのサプリメントで補いきれないルテインやアントシアニンなどを摂るように心がけてください。

 

ビルベリーサプリの効果を知りたいのであればこちら

 

目の老化は予防できます。今は大丈夫でも必ず衰えます。

 

「自分の目は自分で守りたい」

 

めなりはそんなあなたの味方になってくれるはずですよ♪